長い半生の中では…。

沢山の場所で猛毒をまいた宗教の団体による地下鉄サリン事件。
この案件を口火に、総有機関や街頭などで数多くの防衛機器が装備されるようになった。

対象となる一軒家では窓からの侵入が多い。
これ以外門口からも立入られる事が数多あり、通用口などにも表入口と同じ防犯対策を施す事が必須だ。

銀行に装ってメールを転送する。
インターネットバンキングは不正送金の主な手法は2つ。
1つは銀行やインターネット通販会社になりきって電子メールを送り偽サイトへ引き込む手法。

防犯ビデオを取付けたことによる、罪の防止効果は今日の警察庁が公表する犯罪の件数が減少傾向ということは、適切な抑止の成果は出ていると感じる。

決まった来者が来ると確実に何か品がなくなる、職場や学園で自分の私物が常に無くなるなど、正々堂々と向こうに聞くと揉め事になる事もある。

長い半生の中では、面倒事に巻き込まれることは避ける事は厳しい。
尚且つ、自らが当事者にならなくても、姉弟や友人などがなることもあり得る。

各種防犯カメラを公開したが、自分で使う時には救いになってくれるが、万が一不届き者などによって使用されてしまったら、本当に厄介だ。

盗っ人はしっかりと騒音措置を工夫しています。
これを念頭におくと昼間でもシャッターをせずお出掛けをするのは極めて危ない行為と言える。

その上、防衛ビデオには赤外線での撮影も対応している物がある。
機材によって各種違うため、撮れた映像にもタイプごとの独自性が表れる形となった。

現在までも、撮影機材の映像が捕獲の決め手になっていたが、装着の数が急増した事で、逃げている容疑者が撮影機器に映り逮捕に繋がる例も増大した。

ノートパソコンを悪質なウイルスに感染させ偽物のサイトへおびき寄せる。
この頃、ありがちになっているのは、パソコンやスマートフォンをウイルスに感染させるやり方。
2012年頃はひと際多かったです。

普通ある防犯カメラの様な備付けていく手続はいらない、置くだけでオーケー。
外の人に認識されることなく、証拠の画像を得る事ができる。

通勤の使用なら金曜日の夜、レジャー用なら日曜の夜分など、一時期乗らないタイミングで窃盗する。
盗難当日中そくに、良港から偽造書類と一緒に日本国外に出ていくケースもある。

モバイルバンキング個人情報を盗み出し、預金を取り出すサイバー犯罪。
2008年前半期だけでも、被害額はというと15億8400万円。
これ以上ない数字を出してるのだ。

生活スタイルの中で意識することはほとんどないが、ふとした一瞬に強姦されるトラブル。
社内での面倒や地域のトラブル、嫁姑問題や亭主の浮気など。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする