映画「八日目の蝉」

号泣。

映画好きの方々から評判のよい「八日目の蝉」を見ました。結論からすると、とてつもなくすべての人に見てほしい映画だと感じました。この映画、男の人と女の人で感じ方が違うのかしら。永作博美さんがあまり好きではなく今まで見ていなかったのですが、圧巻でした。愛とは。血のつながりとは。誘拐とは。子供を産み育てるとは。いろいろ考えさせられました。私は、そもそもの誘拐が悪いことだし、逃げおおせようとしたことが間違いだと思います。しかし、劇中でもでてきますが、子供に「罪はない」んですね。その子が幸せになれるのは本当の母親の元に返すことなのか。生まれてからの四年間というのは非常に大切でまたどうやっても変えられないなにかを植え付ける時間であると思います。

その四年間を知らない実の母親が「歌を歌って」と言われて2個ほど歌いますが、どちらも違って発狂するシーンとは子供の方言を直すシーンとかはなんともいえないものがあります。

実の母が悪く描かれているというレビューを見ましたが、そんなことはないと思います。彼女も彼女なりに娘と過ごせなかった時間を取り戻そうとした結果、壊れてしまったのだし、悪いというより方向性を間違えてしまった母親という感じでした。

そして、なぜ今まで永作博美さんのことを毛嫌いしていたのかよくわからなくなるほどの、演技力というか、母親としての存在感。彼女の愛は本物だったし、それだから号泣させられました。彼女は罪を背負っています。

罪を背負いながらもなお、逃げ続けること、その選択がどれほど精神の滅入るものなのか。彼女は「毎日祈っていた」と言っていました。「明日もカオルと生きられますように」この言葉がどれだけ重いもか。

そしてどれだけの罪を重ねるものなのか。1日1日を重ねることに彼女の罪は重くなります。人として悪い人はたくさんでてきます。言ったらでてくる大人はみんなそれぞれが悪いです。でも、最終的にはみんな悪くないのではないかと思います。

クレジットカード顧客満足度調査1位は8年連続で楽天カード!だったよ!の、お話。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする