映画「海街dairy」

広瀬すずがいい。

これまた話題になっていた作品です。是枝監督の作品ということもあり、かなり期待値は高かったです。是枝監督の「誰も知らない」が邦画でもっとも傑作だと思っています。それはまた今度書き尽くします。広瀬すずちゃんのことをそんなにいい女優さんだと思ってみてなかったのです。でもここでのすずちゃんはなかなかの女優さんたちに囲まれていてもなお、存在感をなくすことなくそこにいたと思います。三姉妹のもとに腹違いの妹が登場するところから物語は始まります。居場所のないすず(広瀬すず)はお姉ちゃんたちのもとで共に生活することになります。三姉妹を演じる綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆はさすがのたたずまいです。特に長澤まさみがきれい。好きです。盛り上がりがあまりない日常の美しさみたいなものを描く好きなタイプの映画ではないのですが、これは嫌いじゃなかったです。周りを囲んでる俳優陣がいいのかなとも思います。大竹しのぶに樹木希林はわたしがもっとも尊敬する大物女優さんです。彼女たちの存在はやはり大きいなと感じます。鎌倉の景色も美しく、行きたくなります。海いいですね。

キャッチコピーは「家族を捨てた父が、のこしてくれた家族」

000229_li

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする