映画「予告犯」

まさかの号泣。

DVDで見たのですが、正直期待はしていなかった作品です。漫画原作のものにあまりいい印象をもっていないことが大きいですが、まぁ生田斗真だし。というスタイルで見ました。これが、まさかの、ラストでがん泣きです。もともと涙腺ゆるいし、すぐ泣くというのもあるんですけど。(笑)原作はまったく知らないです。「シンブンシ」といわれる人が制裁をくだしていく話だというのは予告で知識にいれていました。そもそもキャストがすごくいいです。生田斗真をはじめ、鈴木良平に濱田岳に荒川良々。もう強いです。あと、アジア系の外国人の男の子を演じた福山康平くんが非常によかった。役柄がよかったのもありますが、心に残りすぎる俳優さんでした。ホリプロ所属でいまはあまり作品等にはでてないですが、NHKでやっていた「精霊の守り人」にでていたようですね!今サイト見たらなかなかいいキャスト陣だったので気が向いたら見ようと思います。予告犯に戻りますが、ラストについて詳しく書くのがはばかられるので内容にあまり触れられないのですが、見て損はないのでは?と原作を見てないので言っておきます。原作を読んだら評価が変わりそうですが、それはそれでよし。

キャッチコピーは「正義か?悪か?」

006b6ba1.jpg

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする