映画「RENT」 1.4

ミュージカル作品の映画化。

「RENT」はもともとブロードウェィミュージカル作品です。初演は1996年にニューヨーク・シアター・ワークショップにて行われました。初演から大成功をおさめ、2年4か月で連続上演5140回という、現在では歴代8位のロングラン公演記録を残して、ブロードウェイの『レント』は2008年9月7日にその幕を下ろしました。その映画版は、2005年にアメリカ公開、2006年には日本で公開がされました。わたしがこの作品を知ったきっかけは日本版のミュージカルに2015年、主演としてわたしの大好きな村井良大氏が出演したからです。舞台は見ることはできなかったのですが、映画があるとしり、見ることにしました。内容としては非常に深い作品です。はじめてみたあとはしばらくひきずりました(笑)作中にでてくる「Seasons Of Love」は聞いたことある人多いのではないでしょうか。この作品の歌だったとは知りませんでした。基本的にミュージカル映画を見ることはほとんどないので、初めのほうは見にくかったです。歌いながら演技をする、まして英語では少しわかりにくいのです。ですが、なにしろ曲がいいので、見てるうちにはまります。

長くなりそうなので、続きます。

006b6ba1.jpg

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする