映画「LEON」 1.3

ナタリーポートマンとジャンレノ

いわずとしれた名作「LEON」。タイトルだけではピンと来なくてもナタリーポートマン演じるマチルダの画像等は見たことある人も多いのではないでしょうか。私はこの作品をつい先日初めて見たのですが、もうね、たまらなかったです。私の大学はさまざまな洋画を見ることが出来る施設があって、空コマができたときなどによく利用しています。「LEON」もそこで見ました。まず言えることはマチルダがかわいい。おしゃれなんですね。しかし、彼女は家庭が崩壊気味で、たったひとり弟だけは愛していました。そんなときに家族が彼女を残し全員マフィアに殺されてしまうのです。彼女は復讐を誓います。彼女は本当に強いのです。ですが、まだこども。レオンと共に過ごす中で時折見せるこどもの表情が本当にかわいい。。。ギャップ。。。そしてわたしはこの映画こそ純愛を描いた作品であると思います。こんなに美しい愛がありますか。いやない。(反語)大学の施設で号泣しました。返却するときにカウンターの人に「大丈夫…?」と聞かれましたけど、全然大丈夫です。感動しているだけです。これぞ名作。語彙力不足でなにも伝わってないような気がしますが。

キャッチコピーは「凶暴な純愛」。ぜひ一度。

006b6ba1.jpg

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする