漫画 「自殺島」1.2

森恒二 「自殺島」

ちょっぴり番外編で、今回は漫画です。家に1〜7巻まであるのをたまたま見つけて暇だったので読み始めました。兄が某古本屋さんで働いているのでよく漫画が知らないうちに増えてるんです、大量に。
この「自殺島」。端的にいいます。全若者に読んでほしい。物語としては自殺未遂者たちを死んだものとして島送りにするところから始まります。最初のこの段階でわたしはてっきり殺し殺されバトルロワイアルみたいなものを想像しました。みんな死んでいって残った女の人をとりあって、、、あれ??全然ちゃうやん、、、深い、、、ってなります。全体のテーマは「生きるとは」だと思ってます。自殺志願者だった人たちがいざ島流しにされると死にたくない!!!と思うようになります。この心の過程に矛盾を感じ、死にいく人、死ぬ勇気すらない人、生きがいを見つける人、本当にさまざまな人間模様がみれます。またサバイバル情報が随時細かく書かれています。実践できるものばかりでリアルなんです。またわたしが惹かれたのは鹿の描写です。本当に美しいと漫画で思えました。最初の印象が殺し合い漫画だと思っていただけにどハマりです。
全17巻完結です、ぜひ1度。

オススメのクレジットカードの特徴を解説【2017年最新版】

000229_li

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする