映画「もののけ姫」12.4

アニメ映画の原点ジブリ

今日は好きな映画について書きたいと思います。といってもたくさんありますが、最近アニメ映画が流行っていることもあり、原点に帰りジブリについてです。ジブリの中でわたしが1番好きな映画は「もののけ姫」です。もののけ姫って好き嫌いがわかれる映画だとおもうんです。難しい、グロテスクなどの理由であまり好きではないという人も聞きます。そんな人たちにもののけ姫の良さをプレゼンしたいです。
まず、アシタカですが、彼のかっこよさはジブリの男キャラの中でもよくランキング上位にあがりますね。なにがそんなにいいのか?まず、無口なんですね。必要以上のことを語らない。ジブリに出てくる女の子たちに焦点をあてられがちですが、男キャラはとにかく余計なことを言わないんです。代表的な名ゼリフとして「生きろ、そなたは美しい」というセリフがありますね。端的に、簡潔に、言いたいことを言える能力がある男isかっこいい。しかもこれ喉元にナイフつきたてられている状況で言っています。そんなこといえます?サンは山犬に育てられたかゆえに闘争本能が高く、敵に対する攻撃にためらいがありません。そのうえで、このセリフを、吐くんです。わたしはこの「美しい」って決して外見のことだとは思いません。サンの内側からでる、生きるものとしての美しさをアシタカは言うのです。

ジブリについては長くなりそうなのでこのへんで。

000229_li

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする