映画「Lーエルー」 12.1

映画「L-エルー」

「Acid Black Cherry」が2015年にリリースしたアルバム「L エル」の世界観を、広瀬アリス主演で映画化。色のない街で生まれ育った少女エルは、事故で両親を失い、幸せだった人生が一変する。幼なじみの絵描きの少年オヴェスは、悲しみに暮れるエルを得意の絵で慰め、2人は励まし合いながら成長していく。しかし、成人したエルは、ある選択を迫られて街から姿を消し、2人は離れ離れになってしまう。運命に翻弄されるエルと、遠い場所から彼女を思い続けるオヴェスの姿を通して、真実の愛とは何かを描き出す。「SHINOBI」「キカイダーREBOOT」の下山天監督がメガホンをとり、背景や舞台となる世界を最新のVFXで描出。波乱万丈の人生を送るエルを広瀬が演じ、オヴェス役に「脳内ポイズンベリー」「ライチ☆光クラブ」などで人気の若手俳優・古川雄煇が扮した。

引用 http://eiga.com/movie/85121/

a0001_001982

感想

先日見てきましたが、世界観は私の好きなものでした。絵本のようというか背景がアニメみたいでな感じで良かったです。ABCのことは1、2曲知ってるくらいの感じで、古川雄煇くんのファンとして観に行きました。きっと本来は小説?なのでそれを映画で短くまとめなければいけないということで少しテンポがはやくひとつひとつのエピソードに物足りなさを感じましたが、血などをきちんと描き、差をつけているのがよかったです。ただ最後の老ける特殊メイクには違和感しか感じなかった(笑)そこは特殊メイクではなく役者さんを変えるべきだったのでは?と思います。

006b6ba1.jpg

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする